会うとHする関係の大人の恋愛はアプリで募集して始まった

会うとHする関係の大人の恋愛はアプリで募集して始まった

セフレとはアプリで知り合って、ベッドを共にする関係になった。お互い連絡先と名前ぐらいしか知らなくて初めて寝てからは
会うたびに、Hしてる。セフレも俺と会うときはHするときと思っているようで、大人の恋愛という感じ。

会うのはいつも夕方で食事をしてホテルに行くというのが何時ものパターン。今日は洋風のお店でワインを飲んだ。大人の恋には
ワインが似合うのだ。

アプリを使うのは初めてでドキドキしたが、案外スムーズに事が運んで前からアプリに興味があったが、思い切って利用して
良かった。それまで暫く彼女がいない時期が長くて、寂しい思いがしたがこうしてセフレと知り合って大人の恋を楽しむ
事が出来て満足だ。

セフレは食事をしてる時から何かにこにこと嬉しそうだ。ワインをついであげながら何がそんなに嬉しいのかと聞くと
もうすぐあなた誕生日でしょう?今日は朝までいてあげようかと言う。

何時も家に帰らなくちゃいけないと言ってお泊りがなくて、それが唯一セフレとの関係で物足りなかった。
大人の恋にはお泊りがあってもいい。

その夜は素晴らしい夜だった。セフレは会うたびに恥じらいの中にも淫らになって、今日はもっともっと
と声を上げた。セフレの囁きに自然気持ちが昂る。左の足を肩に持ち上げて奥まで、深く入れて
思い切り続けざまに突く。体を反転させて後ろから攻めた。す、凄い。感に堪えかねたようにセフレが呟く。
イキそうだと叫ぶと中に出して、中に、とセフレが叫ぶ。思い切り中だしした。

お互い小さな眠りを経て、その日の大人の恋は後ろから前から朝までH三昧だった。
【30代|男性|会社員】

恋活サイトでまじめでエロいセフレ探し

恋活サイトでまじめでエロいセフレ探し

これまで、わたしは遊び相手探すのに普通に出会い系サイトを使っていたのですが、最近はすっかり恋活サイトを使うようになりました。

その理由は、恋活サイトのほうがまじめな感じの普通っぽい女の子に会える確率が高い気がしているからです。

もちろん、出会い系サイトでも可愛い普通の女の子もたくさんいます。
でも、やはり遊んでいる風の女の子が多いのではないかと感じていました。

しかし、その点恋活サイトは本当に恋愛とか結婚相手とかを探しているまじめな女性が多いといったイメージでしょうか。

まあ、もちろんわたしもいい子がいれば本命彼女にしたり結婚を考えていいというスタンスで望んではいます。

でも、いまのところはもう少し遊びたいので、申し訳ないのですが恋活サイトで出会った女性とは多くても2回エッチをしたらサヨナラさせてもらっています。

あまり、深入りしてややこしくなる前に分かれている感じでしょうか。

わたしは、とりあえず初めての女性とエッチがしたい性分なんで、あとのことはあまり考えずに、やりたい放題すきなことをやらせてもらいます。

即しゃく、生で即はめ、さすがに中だしはしませんけど、口に出させてもらってからのお掃除フェラしてもらって、シャワーしてからのすぐに2回戦。

そこからは、さらにハードに攻めていきます。

そういうセックスですから、あまりもう一回会いたいと言われることはないですし、それでも会いたいと言われれば、次はおもちゃ、いっぱい持っていって死ぬほどいかせて楽しませてもらいます。

それでも、まだ会いたいと言われたら、最終的には、いまいちエッチが合わないと言えばだいたい納得してなにも言ってこないですね。

という具合に恋活サイトでのセフレ探しを楽しんでいます。
20代 男性 会社員

 

妻と別居して寂しいので出会い掲示板でセフレを作った

妻と別居して寂しいので出会い掲示板でセフレを作った

私は仕事のストレスを妻にぶつけてしまい、それが元で妻が別居をしてしまいました。

それ以来私は寂しい毎日を送る様になり。ある久々に耐えかねた私は、出会い系を使うようになったのです。

私は寂しい気持ちを紛らわしてもらおうと、出会い系のコメント欄に「寂しい僕とお話をしてください」と書き込んでみました。

そしてしばらくすると、出会い使サイトを通じて私に女性が声を掛けて来てくれました。

女性は私と会うと「何があったの?」と聞いてくれたので、私は堰を切ったように彼女にこれまでの事を吐露したのです。

それで彼女は私に同情などせず、しっかりと叱ってくれました。

私はそれで心にパンチを食らったような気がして、自分が如何にこれまで甘えていたかという事が分かったのです。

彼女の忌憚ない励ましによって、私の寂しさはどこかへ吹き飛んだのです。

そんな私の寂しさを吹き飛ばしてくれた彼女の事が、私は好きになってしまいました。

これ以降私はしばしば会うようになり、交流を深めて行ったのです。

私だけでなく彼女の方も私に好意を持ってくれるようになり、徐々にお互いを意識するようになりました。

そしてついにそれが極まり、私たちは男と女の関係となったのです。

私は妻がおらず性欲が溜まりに溜まっていたので、彼女の体を激しく求めました。

彼女はそんな私の事を嫌がらず、優しく受け止めてくれました。

私はこうして彼女と、セフレ関係となったのです。

彼女の一喝に因り、私は妻に素直に謝り、別居していた妻が戻って来てくれました。

しかし妻が戻って来てくれたものの、私はセフレである彼女への思いが断ち切れず別れる事が出来ません。

セフレがいたままでは、また妻といざこざになりかねませんから、別れなければいけないと頭では思っているのですが、どうしても後ろ髪を引かれて別れる事が出来ずにいるのです。
「30代:男性:会社員」

既婚者がセックスしたいと思ってアダルト出会い系で不倫相手を作る

既婚者がセックスしたいと思って不倫相手を作る

私は結婚して10年になる。妻も子供も責任を持って扶養しているし愛している。
しかし妻とのセックスは正直言って飽きてしまった。
妻もそう思っているかもしれないが、言葉にも態度にも出してこない。
セックスレスではないが、もっと刺激がほしいのだ。
不倫をしたいわけではなく、ただ、妻ではない女性とセックスがしたい。
そう思うのは私だけなのだろうか。
ふと問いかけてみたくなり出会い系のサイトに書きこんでみた。
セックスという言葉に嫌悪感を抱く女性も多いと思い、ソフトな表現をしてみたが、誰からもメールがこない。
そんなものかもしれないと思っていた頃、一通のメールが届いた。
私と同じような気持ちでいるという女性からで、私は会って話したいと返事をした。
メール送信後に先走りすぎたかと思っていると、すぐに返事がきた。
何度かやりとりをして、お互いの都合のいい日に会う事になった。

車の中で待っていると、赤い車が近づいてきた。
車からおりてきた女性はブラウスにスカートでおとなしそうな雰囲気だった。
私も車から降りて助手席を開け挨拶する。
ショートカットの下の瞳が大きくて近くで見ると可愛い感じだった。
彼女も刺激のあるセックスをしたいと考えるのだ、と思うと不思議な気持ちがした。

通りかかったファミレスで食事をして、ホテルに向かった。
ホテルでの彼女は可愛い顔立ちに似合わず積極的で、
フェラチオも進んでするような大胆さを持ち合わせていた。
私も妻とした事のない騎乗位を試したり、シックスナインをして満足できた。
彼女と週に1度の割合で色々なセックスを楽しんでいる。
不倫という感覚ではない。セフレという軽い関係なのだ。
40代 男性 会社員