会うとHする関係の大人の恋愛はアプリで募集して始まった

会うとHする関係の大人の恋愛はアプリで募集して始まった

セフレとはアプリで知り合って、ベッドを共にする関係になった。お互い連絡先と名前ぐらいしか知らなくて初めて寝てからは
会うたびに、Hしてる。セフレも俺と会うときはHするときと思っているようで、大人の恋愛という感じ。

会うのはいつも夕方で食事をしてホテルに行くというのが何時ものパターン。今日は洋風のお店でワインを飲んだ。大人の恋には
ワインが似合うのだ。

アプリを使うのは初めてでドキドキしたが、案外スムーズに事が運んで前からアプリに興味があったが、思い切って利用して
良かった。それまで暫く彼女がいない時期が長くて、寂しい思いがしたがこうしてセフレと知り合って大人の恋を楽しむ
事が出来て満足だ。

セフレは食事をしてる時から何かにこにこと嬉しそうだ。ワインをついであげながら何がそんなに嬉しいのかと聞くと
もうすぐあなた誕生日でしょう?今日は朝までいてあげようかと言う。

何時も家に帰らなくちゃいけないと言ってお泊りがなくて、それが唯一セフレとの関係で物足りなかった。
大人の恋にはお泊りがあってもいい。

その夜は素晴らしい夜だった。セフレは会うたびに恥じらいの中にも淫らになって、今日はもっともっと
と声を上げた。セフレの囁きに自然気持ちが昂る。左の足を肩に持ち上げて奥まで、深く入れて
思い切り続けざまに突く。体を反転させて後ろから攻めた。す、凄い。感に堪えかねたようにセフレが呟く。
イキそうだと叫ぶと中に出して、中に、とセフレが叫ぶ。思い切り中だしした。

お互い小さな眠りを経て、その日の大人の恋は後ろから前から朝までH三昧だった。
【30代|男性|会社員】

大学生生活の空いた時間で出会い系アプリでセックスしてくれる女性を探し

大学生生活の空いた時間で出会い系アプリでセックスしてくれる女性を探し

大学の単位も十分取れ、就職活動もうまく内定が取れ、私は残りの大学生活をひたすら引き篭もることに専念していました。
というのも、大学入学で上京した私は友達作りに失敗してしまい、東京においてはまったく遊び相手がいない状況だったのです。

食事の方も宅配サービスで済ませていたので、本当にまったく外に出ない生活が続いたのです。
それが続いたときに驚いたことが「性欲が無くなっていく」ということです。
女性のフェロモンを感じない生活を送っていると、性欲も減退していくのだと思います。
オナニーの方もまったくしなくなり、もはや私の心に性的なことは浮かばなくなっていきました。

しかしある日、どうしても大学の方に行かなければならない用事ができました。
久しぶりに外に出て若い女性たちに接近したわけですが、赤信号が灯り始めました。
というのも、無くなっていたはずの性欲が急激に湧き出て、「誰とでもいいからヤりたい」というような感情が衝動的に爆発的に出てきたのです。

私はすぐに構内の人の少ないトイレに駆け込みオナニーをしました。
以前は1発出せば収まっていた性欲ですが、そのときはまったく収まりませんでした。
用事をすぐに済ませ家に帰ると、私は出会い出会い系アプリを利用していました。

それまでは「出会い系アプリは利用すべきではない」と考えていた私ですが、理性を失った私はそんな思考を放棄してしまったのです。
とにかくすぐにセックスしてくれる女性を探し、見事にその日の夜に会ってくれる女性を見つけたのです。

そのとき上京して初めて「良かった」と思いました。
地方でしたら、出会い系アプリを使ってもこんなにすぐに相手を見つけられなかったでしょう。
相手の女性は体だけの関係、すなわちセフレの関係を求めていました。
もちろん、セフレの関係は私も大歓迎です。
ヤれさえすればもう何でも良かったのです。

そして私は彼女を抱いたわけですが、情けないことにすぐにイってしまいました。
女性を生で見る機会すらろくに無かったわけですから、敏感さが増していたようです。
その後もすぐにイってしまうことを繰り返したのですが、ペニスの方はいつまで経っても元気でした。

社会人になった現在でも、彼女とはセフレの関係は続けています。
女性慣れしてしまったこともあり、ペニスの方はあのときのセックスよりも元気が無くなってしまっているのですが、それでも彼女は楽しんでくれているようです。
【20代|男|IT関連】