会うとHする関係の大人の恋愛はアプリで募集して始まった

会うとHする関係の大人の恋愛はアプリで募集して始まった

セフレとはアプリで知り合って、ベッドを共にする関係になった。お互い連絡先と名前ぐらいしか知らなくて初めて寝てからは
会うたびに、Hしてる。セフレも俺と会うときはHするときと思っているようで、大人の恋愛という感じ。

会うのはいつも夕方で食事をしてホテルに行くというのが何時ものパターン。今日は洋風のお店でワインを飲んだ。大人の恋には
ワインが似合うのだ。

アプリを使うのは初めてでドキドキしたが、案外スムーズに事が運んで前からアプリに興味があったが、思い切って利用して
良かった。それまで暫く彼女がいない時期が長くて、寂しい思いがしたがこうしてセフレと知り合って大人の恋を楽しむ
事が出来て満足だ。

セフレは食事をしてる時から何かにこにこと嬉しそうだ。ワインをついであげながら何がそんなに嬉しいのかと聞くと
もうすぐあなた誕生日でしょう?今日は朝までいてあげようかと言う。

何時も家に帰らなくちゃいけないと言ってお泊りがなくて、それが唯一セフレとの関係で物足りなかった。
大人の恋にはお泊りがあってもいい。

その夜は素晴らしい夜だった。セフレは会うたびに恥じらいの中にも淫らになって、今日はもっともっと
と声を上げた。セフレの囁きに自然気持ちが昂る。左の足を肩に持ち上げて奥まで、深く入れて
思い切り続けざまに突く。体を反転させて後ろから攻めた。す、凄い。感に堪えかねたようにセフレが呟く。
イキそうだと叫ぶと中に出して、中に、とセフレが叫ぶ。思い切り中だしした。

お互い小さな眠りを経て、その日の大人の恋は後ろから前から朝までH三昧だった。
【30代|男性|会社員】

出会って即日セックスがやれたアダルト出会い系アプリ

出会って即日セックスがやれたアダルト出会い系アプリ

私は当時大学生で、同じ大学の女性と同棲していました。

バイト先で知り合って付き合うことになったので、バイトも同じです。

つまり、1日の大半を彼女と行動を共にすることが多かったのですが、一緒にいる時間が長い分、どうも「飽き」のようなものを感じてしまっていました。

当然のように体の付き合いの方もどんどん回数が少なくなっていきます。

そんなときに「アダルト出会い系アプリ」なるものを発見しました。

もちろん名前は聞いたことがあったのですが、どこか危険な臭いを感じていましたし、これまでは見て見ぬふりをしていました。

しかし、上述したような状況だった私は、無意識のうちにそのアダルト出会い系アプリをクリックし、会員登録まで行ってしまいました。

そして女性メンバー、すなわち私が出会おうとしている対象の一覧を見たときの興奮は今でもはっきりと覚えています。

私はその流れと興奮に身を任せ、同じ20代の女性をクリックし「体の関係を持ちませんか」とメールを送りました。

するとすぐに返信が来て「イケメンですか?」と問いかけられたのです。

私は顔面に関して言えば「中の上」ぐらいかなという、根拠のない考えを持っていたので、「まあそこそこ」と返しました。

またすぐに「ではセフレになりませんか?長期的に体の関係を持てる方を探しています」と返信してきたのです。

現在の彼女と別れるつもりはありませんでしたし、セフレはまずいとも思ったのですが、欲に負けてしまいました。

即日に会う約束をし、その日のうちに体の関係を持ってしまったのです。

大学を卒業しても彼女との同棲と、その女性とのセフレという関係を続けおり、不安はあるのですが今のところはまだバレていません。

しかし、そんな現在のドキドキした状況を楽しんでしまっている自分もいて、あのときアダルト出会い系アプリを利用して良かった、というのが今の私の本音です。
【20代|男|金融関係】