近所で不倫したい時にバレないで浮気相手を作る既婚者

近所で不倫したい時にバレないで浮気相手を作る既婚者

不倫相手との出会い・・・
私は数年前に結婚をしました。
結婚後も何不自由ない生活でした。
そう思っていました。
しかし、何不自由ない生活が退屈に思ってしまったのです。

私は刺激がほしかった。
ほしかったのです。

私は自由がほしかった。
ほしかったのです。

そしてある時、不倫相手を求めアプリに登録しました。
最初は半信半疑でした。
どうせサクラが多いのだろうと思いました。
自分の詳細のプロフィールを入力しました。
年収はちょっと偽って、水増ししました。
そして最後に大人の、割り切った出会いを希望・・・と。

記入したところで、仕事の時間だったので一度やめ、仕事に行きました。
そしてその日の休憩中。
ふとアプリを見ると1通のメールが届いていました。

「今日暇?今から会えない?」ただそれだけのそっけないメール。
だけれどもそれが妙にリアルで。
期待感のほうが優先し、即返事を返しました。
「今日は夜勤なので1時すぎます。
それよりあとなら大丈夫です。
」と。
私はサービス業でその日は夜勤務だったので、仕事が終わったのが夜、深夜1時を回っていました。
その日はスムーズにお店はしめれたので1時ちょっと過ぎには退勤できました。
そして気になっていたメールを確認。

「待ってます。○○というお店にいます。」とふと違和感がありました。
それはさきほどまで私が働いていた店の名前。
本当か?と疑問でしたが返信しました。
今どこですか?と。
するとすぐ返事がきました。
○○という店の駐車場です。
もうほかの従業員も帰っており、ポツンとした駐車場に私の車と、もう一台ありました。
その車に女性が乗っていました。
先ほどまで私が接客していた女性です。
胸の谷間の見えるブイネック。
商品を提供に行くたび見ていた豊満な胸。
その記憶が鮮明に思い出されました。

そして、車のガラスをコンコンとたたきました。
女性は車を降りるでもなく隣に乗ってといったジェスチャーをしました。
私は隣に乗りました。
「先ほどはどうも。」とお客様だったので一応挨拶をしてみました。
女性は言いました。
「店員さんだったなんて。」と。
けど、プロフィールを見たときになんとなくそんな気がして待っていたことも。
その後どこに行くという話になりましたが、もう深夜ほとんどのお店はしまっていました。
あとはホテルか。
相手もその気だし。
何より、豊満な胸にしゃぶりつきたい衝動でいっぱいでした。
試しにホテルに誘ってみると即OKでした。
ただ、駐車場も暗く、自分たちしかいなかったことから、これまた試しに誘いました。
「それとも、ここでする?」女性は驚いたようですが、そのまま、彼女の車の中でセックスをしました。
豊満な胸を何度も攻め、お客さんと店員という関係性を楽しみながら・・・。

アプリでの不倫相手は確かにいます。
はじまりがカーセックスだったので、たまに会っては新鮮なプレイを楽しんでます。
いい刺激になり本当に良かったと思います。
【30代|男|飲食店店員】

妻と別居して寂しいので出会い掲示板でセフレを作った

妻と別居して寂しいので出会い掲示板でセフレを作った

私は仕事のストレスを妻にぶつけてしまい、それが元で妻が別居をしてしまいました。

それ以来私は寂しい毎日を送る様になり。ある久々に耐えかねた私は、出会い系を使うようになったのです。

私は寂しい気持ちを紛らわしてもらおうと、出会い系のコメント欄に「寂しい僕とお話をしてください」と書き込んでみました。

そしてしばらくすると、出会い使サイトを通じて私に女性が声を掛けて来てくれました。

女性は私と会うと「何があったの?」と聞いてくれたので、私は堰を切ったように彼女にこれまでの事を吐露したのです。

それで彼女は私に同情などせず、しっかりと叱ってくれました。

私はそれで心にパンチを食らったような気がして、自分が如何にこれまで甘えていたかという事が分かったのです。

彼女の忌憚ない励ましによって、私の寂しさはどこかへ吹き飛んだのです。

そんな私の寂しさを吹き飛ばしてくれた彼女の事が、私は好きになってしまいました。

これ以降私はしばしば会うようになり、交流を深めて行ったのです。

私だけでなく彼女の方も私に好意を持ってくれるようになり、徐々にお互いを意識するようになりました。

そしてついにそれが極まり、私たちは男と女の関係となったのです。

私は妻がおらず性欲が溜まりに溜まっていたので、彼女の体を激しく求めました。

彼女はそんな私の事を嫌がらず、優しく受け止めてくれました。

私はこうして彼女と、セフレ関係となったのです。

彼女の一喝に因り、私は妻に素直に謝り、別居していた妻が戻って来てくれました。

しかし妻が戻って来てくれたものの、私はセフレである彼女への思いが断ち切れず別れる事が出来ません。

セフレがいたままでは、また妻といざこざになりかねませんから、別れなければいけないと頭では思っているのですが、どうしても後ろ髪を引かれて別れる事が出来ずにいるのです。
「30代:男性:会社員」