恋活サイトでまじめでエロいセフレ探し

恋活サイトでまじめでエロいセフレ探し

これまで、わたしは遊び相手探すのに普通に出会い系サイトを使っていたのですが、最近はすっかり恋活サイトを使うようになりました。

その理由は、恋活サイトのほうがまじめな感じの普通っぽい女の子に会える確率が高い気がしているからです。

もちろん、出会い系サイトでも可愛い普通の女の子もたくさんいます。
でも、やはり遊んでいる風の女の子が多いのではないかと感じていました。

しかし、その点恋活サイトは本当に恋愛とか結婚相手とかを探しているまじめな女性が多いといったイメージでしょうか。

まあ、もちろんわたしもいい子がいれば本命彼女にしたり結婚を考えていいというスタンスで望んではいます。

でも、いまのところはもう少し遊びたいので、申し訳ないのですが恋活サイトで出会った女性とは多くても2回エッチをしたらサヨナラさせてもらっています。

あまり、深入りしてややこしくなる前に分かれている感じでしょうか。

わたしは、とりあえず初めての女性とエッチがしたい性分なんで、あとのことはあまり考えずに、やりたい放題すきなことをやらせてもらいます。

即しゃく、生で即はめ、さすがに中だしはしませんけど、口に出させてもらってからのお掃除フェラしてもらって、シャワーしてからのすぐに2回戦。

そこからは、さらにハードに攻めていきます。

そういうセックスですから、あまりもう一回会いたいと言われることはないですし、それでも会いたいと言われれば、次はおもちゃ、いっぱい持っていって死ぬほどいかせて楽しませてもらいます。

それでも、まだ会いたいと言われたら、最終的には、いまいちエッチが合わないと言えばだいたい納得してなにも言ってこないですね。

という具合に恋活サイトでのセフレ探しを楽しんでいます。
20代 男性 会社員

 

妻と別居して寂しいので出会い掲示板でセフレを作った

妻と別居して寂しいので出会い掲示板でセフレを作った

私は仕事のストレスを妻にぶつけてしまい、それが元で妻が別居をしてしまいました。

それ以来私は寂しい毎日を送る様になり。ある久々に耐えかねた私は、出会い系を使うようになったのです。

私は寂しい気持ちを紛らわしてもらおうと、出会い系のコメント欄に「寂しい僕とお話をしてください」と書き込んでみました。

そしてしばらくすると、出会い使サイトを通じて私に女性が声を掛けて来てくれました。

女性は私と会うと「何があったの?」と聞いてくれたので、私は堰を切ったように彼女にこれまでの事を吐露したのです。

それで彼女は私に同情などせず、しっかりと叱ってくれました。

私はそれで心にパンチを食らったような気がして、自分が如何にこれまで甘えていたかという事が分かったのです。

彼女の忌憚ない励ましによって、私の寂しさはどこかへ吹き飛んだのです。

そんな私の寂しさを吹き飛ばしてくれた彼女の事が、私は好きになってしまいました。

これ以降私はしばしば会うようになり、交流を深めて行ったのです。

私だけでなく彼女の方も私に好意を持ってくれるようになり、徐々にお互いを意識するようになりました。

そしてついにそれが極まり、私たちは男と女の関係となったのです。

私は妻がおらず性欲が溜まりに溜まっていたので、彼女の体を激しく求めました。

彼女はそんな私の事を嫌がらず、優しく受け止めてくれました。

私はこうして彼女と、セフレ関係となったのです。

彼女の一喝に因り、私は妻に素直に謝り、別居していた妻が戻って来てくれました。

しかし妻が戻って来てくれたものの、私はセフレである彼女への思いが断ち切れず別れる事が出来ません。

セフレがいたままでは、また妻といざこざになりかねませんから、別れなければいけないと頭では思っているのですが、どうしても後ろ髪を引かれて別れる事が出来ずにいるのです。
「30代:男性:会社員」