セックスしたいと思って出会い系アプリで24歳OLとHしまくり

セックスしたいと思って出会い系アプリで24歳OLとHしまくり

1人で過ごすことにも慣れてきたと思ったらやっぱり人肌恋しくなって来ました。
そこで思いつくのは、出会い系アプリとなります。

過去に何度も利用したことがあったので、出会い系アプリ自体に抵抗は無かったのですが、だんだん面倒くさくなって止めていました。

今回は1回ヤって終わりの相手ではなく、定期的に会えるというかいつでもヤラしてくれるセフレというか、セフレを探すことにしました。

結果から言うとやっぱり普通のセフレを見つけて、その子と仲良くなり定期的に会ってもらうしかないということです。

それで、まず24歳のOLの子と会う約束をしてSEXをしました。
この子とセフレの関係になるために実に丁寧なSEXをしました。

その結果次の約束を取り付けることにも成功して、今ではお互いにヤりたくなったらメールするセフレ以上恋人未満の関係です。

つい最近も部屋でテレビを見ながら1人で飲んでると、ムラムラが収まらなくなり彼女にメールしました。
「1人で飲んでるんだけど家こない?」今ではホテルではなく部屋でSEXしてます。

彼女はすぐにやって来ました。
気を使ってビールを数本買ってきてくれたのですが、冷蔵庫に入れるまもなく私は彼女にフェラしてと言いました。

上着も脱がずに彼女は私のアレにしゃぶりつきました。
私は仁王立ちのまま大満足でしたが、このまま彼女の口の中にイクと怒られます。

アレを咥えたまま前後に激しく頭を動かす彼女の服を一枚一枚脱がして行って、両手で乳首を軽く弄ってやるとうっとりと私を見上げてきます。

彼女の口からアレを抜かずに69に移行します。
お互いの性器を舐め合い十分に準備完了すると、私はアレで激しく彼女を突き上げます。
前から後ろからあれやこれやと体位を楽しんで私はイキました。
彼女も貪欲に快楽を貪ったようで潰れたカエルのように床に転がっていました。

セフレとは結局SEXだけを楽しむ恋人のとこ、こんな子を見つけ出すのは出会い系アプリを利用するのが1番だと思います。

会うとHする関係の大人の恋愛はアプリで募集して始まった

会うとHする関係の大人の恋愛はアプリで募集して始まった

セフレとはアプリで知り合って、ベッドを共にする関係になった。お互い連絡先と名前ぐらいしか知らなくて初めて寝てからは
会うたびに、Hしてる。セフレも俺と会うときはHするときと思っているようで、大人の恋愛という感じ。

会うのはいつも夕方で食事をしてホテルに行くというのが何時ものパターン。今日は洋風のお店でワインを飲んだ。大人の恋には
ワインが似合うのだ。

アプリを使うのは初めてでドキドキしたが、案外スムーズに事が運んで前からアプリに興味があったが、思い切って利用して
良かった。それまで暫く彼女がいない時期が長くて、寂しい思いがしたがこうしてセフレと知り合って大人の恋を楽しむ
事が出来て満足だ。

セフレは食事をしてる時から何かにこにこと嬉しそうだ。ワインをついであげながら何がそんなに嬉しいのかと聞くと
もうすぐあなた誕生日でしょう?今日は朝までいてあげようかと言う。

何時も家に帰らなくちゃいけないと言ってお泊りがなくて、それが唯一セフレとの関係で物足りなかった。
大人の恋にはお泊りがあってもいい。

その夜は素晴らしい夜だった。セフレは会うたびに恥じらいの中にも淫らになって、今日はもっともっと
と声を上げた。セフレの囁きに自然気持ちが昂る。左の足を肩に持ち上げて奥まで、深く入れて
思い切り続けざまに突く。体を反転させて後ろから攻めた。す、凄い。感に堪えかねたようにセフレが呟く。
イキそうだと叫ぶと中に出して、中に、とセフレが叫ぶ。思い切り中だしした。

お互い小さな眠りを経て、その日の大人の恋は後ろから前から朝までH三昧だった。
【30代|男性|会社員】

出会って即日セックスがやれたアダルト出会い系アプリ

出会って即日セックスがやれたアダルト出会い系アプリ

私は当時大学生で、同じ大学の女性と同棲していました。

バイト先で知り合って付き合うことになったので、バイトも同じです。

つまり、1日の大半を彼女と行動を共にすることが多かったのですが、一緒にいる時間が長い分、どうも「飽き」のようなものを感じてしまっていました。

当然のように体の付き合いの方もどんどん回数が少なくなっていきます。

そんなときに「アダルト出会い系アプリ」なるものを発見しました。

もちろん名前は聞いたことがあったのですが、どこか危険な臭いを感じていましたし、これまでは見て見ぬふりをしていました。

しかし、上述したような状況だった私は、無意識のうちにそのアダルト出会い系アプリをクリックし、会員登録まで行ってしまいました。

そして女性メンバー、すなわち私が出会おうとしている対象の一覧を見たときの興奮は今でもはっきりと覚えています。

私はその流れと興奮に身を任せ、同じ20代の女性をクリックし「体の関係を持ちませんか」とメールを送りました。

するとすぐに返信が来て「イケメンですか?」と問いかけられたのです。

私は顔面に関して言えば「中の上」ぐらいかなという、根拠のない考えを持っていたので、「まあそこそこ」と返しました。

またすぐに「ではセフレになりませんか?長期的に体の関係を持てる方を探しています」と返信してきたのです。

現在の彼女と別れるつもりはありませんでしたし、セフレはまずいとも思ったのですが、欲に負けてしまいました。

即日に会う約束をし、その日のうちに体の関係を持ってしまったのです。

大学を卒業しても彼女との同棲と、その女性とのセフレという関係を続けおり、不安はあるのですが今のところはまだバレていません。

しかし、そんな現在のドキドキした状況を楽しんでしまっている自分もいて、あのときアダルト出会い系アプリを利用して良かった、というのが今の私の本音です。
【20代|男|金融関係】

 

大学生生活の空いた時間で出会い系アプリでセックスしてくれる女性を探し

大学生生活の空いた時間で出会い系アプリでセックスしてくれる女性を探し

大学の単位も十分取れ、就職活動もうまく内定が取れ、私は残りの大学生活をひたすら引き篭もることに専念していました。
というのも、大学入学で上京した私は友達作りに失敗してしまい、東京においてはまったく遊び相手がいない状況だったのです。

食事の方も宅配サービスで済ませていたので、本当にまったく外に出ない生活が続いたのです。
それが続いたときに驚いたことが「性欲が無くなっていく」ということです。
女性のフェロモンを感じない生活を送っていると、性欲も減退していくのだと思います。
オナニーの方もまったくしなくなり、もはや私の心に性的なことは浮かばなくなっていきました。

しかしある日、どうしても大学の方に行かなければならない用事ができました。
久しぶりに外に出て若い女性たちに接近したわけですが、赤信号が灯り始めました。
というのも、無くなっていたはずの性欲が急激に湧き出て、「誰とでもいいからヤりたい」というような感情が衝動的に爆発的に出てきたのです。

私はすぐに構内の人の少ないトイレに駆け込みオナニーをしました。
以前は1発出せば収まっていた性欲ですが、そのときはまったく収まりませんでした。
用事をすぐに済ませ家に帰ると、私は出会い出会い系アプリを利用していました。

それまでは「出会い系アプリは利用すべきではない」と考えていた私ですが、理性を失った私はそんな思考を放棄してしまったのです。
とにかくすぐにセックスしてくれる女性を探し、見事にその日の夜に会ってくれる女性を見つけたのです。

そのとき上京して初めて「良かった」と思いました。
地方でしたら、出会い系アプリを使ってもこんなにすぐに相手を見つけられなかったでしょう。
相手の女性は体だけの関係、すなわちセフレの関係を求めていました。
もちろん、セフレの関係は私も大歓迎です。
ヤれさえすればもう何でも良かったのです。

そして私は彼女を抱いたわけですが、情けないことにすぐにイってしまいました。
女性を生で見る機会すらろくに無かったわけですから、敏感さが増していたようです。
その後もすぐにイってしまうことを繰り返したのですが、ペニスの方はいつまで経っても元気でした。

社会人になった現在でも、彼女とはセフレの関係は続けています。
女性慣れしてしまったこともあり、ペニスの方はあのときのセックスよりも元気が無くなってしまっているのですが、それでも彼女は楽しんでくれているようです。
【20代|男|IT関連】

妻と別居して寂しいので出会い掲示板でセフレを作った

妻と別居して寂しいので出会い掲示板でセフレを作った

私は仕事のストレスを妻にぶつけてしまい、それが元で妻が別居をしてしまいました。

それ以来私は寂しい毎日を送る様になり。ある久々に耐えかねた私は、出会い系を使うようになったのです。

私は寂しい気持ちを紛らわしてもらおうと、出会い系のコメント欄に「寂しい僕とお話をしてください」と書き込んでみました。

そしてしばらくすると、出会い使サイトを通じて私に女性が声を掛けて来てくれました。

女性は私と会うと「何があったの?」と聞いてくれたので、私は堰を切ったように彼女にこれまでの事を吐露したのです。

それで彼女は私に同情などせず、しっかりと叱ってくれました。

私はそれで心にパンチを食らったような気がして、自分が如何にこれまで甘えていたかという事が分かったのです。

彼女の忌憚ない励ましによって、私の寂しさはどこかへ吹き飛んだのです。

そんな私の寂しさを吹き飛ばしてくれた彼女の事が、私は好きになってしまいました。

これ以降私はしばしば会うようになり、交流を深めて行ったのです。

私だけでなく彼女の方も私に好意を持ってくれるようになり、徐々にお互いを意識するようになりました。

そしてついにそれが極まり、私たちは男と女の関係となったのです。

私は妻がおらず性欲が溜まりに溜まっていたので、彼女の体を激しく求めました。

彼女はそんな私の事を嫌がらず、優しく受け止めてくれました。

私はこうして彼女と、セフレ関係となったのです。

彼女の一喝に因り、私は妻に素直に謝り、別居していた妻が戻って来てくれました。

しかし妻が戻って来てくれたものの、私はセフレである彼女への思いが断ち切れず別れる事が出来ません。

セフレがいたままでは、また妻といざこざになりかねませんから、別れなければいけないと頭では思っているのですが、どうしても後ろ髪を引かれて別れる事が出来ずにいるのです。
「30代:男性:会社員」