会うとHする関係の大人の恋愛はアプリで募集して始まった

会うとHする関係の大人の恋愛はアプリで募集して始まった

セフレとはアプリで知り合って、ベッドを共にする関係になった。お互い連絡先と名前ぐらいしか知らなくて初めて寝てからは
会うたびに、Hしてる。セフレも俺と会うときはHするときと思っているようで、大人の恋愛という感じ。

会うのはいつも夕方で食事をしてホテルに行くというのが何時ものパターン。今日は洋風のお店でワインを飲んだ。大人の恋には
ワインが似合うのだ。

アプリを使うのは初めてでドキドキしたが、案外スムーズに事が運んで前からアプリに興味があったが、思い切って利用して
良かった。それまで暫く彼女がいない時期が長くて、寂しい思いがしたがこうしてセフレと知り合って大人の恋を楽しむ
事が出来て満足だ。

セフレは食事をしてる時から何かにこにこと嬉しそうだ。ワインをついであげながら何がそんなに嬉しいのかと聞くと
もうすぐあなた誕生日でしょう?今日は朝までいてあげようかと言う。

何時も家に帰らなくちゃいけないと言ってお泊りがなくて、それが唯一セフレとの関係で物足りなかった。
大人の恋にはお泊りがあってもいい。

その夜は素晴らしい夜だった。セフレは会うたびに恥じらいの中にも淫らになって、今日はもっともっと
と声を上げた。セフレの囁きに自然気持ちが昂る。左の足を肩に持ち上げて奥まで、深く入れて
思い切り続けざまに突く。体を反転させて後ろから攻めた。す、凄い。感に堪えかねたようにセフレが呟く。
イキそうだと叫ぶと中に出して、中に、とセフレが叫ぶ。思い切り中だしした。

お互い小さな眠りを経て、その日の大人の恋は後ろから前から朝までH三昧だった。
【30代|男性|会社員】

大学生生活の空いた時間で出会い系アプリでセックスしてくれる女性を探し

大学生生活の空いた時間で出会い系アプリでセックスしてくれる女性を探し

大学の単位も十分取れ、就職活動もうまく内定が取れ、私は残りの大学生活をひたすら引き篭もることに専念していました。
というのも、大学入学で上京した私は友達作りに失敗してしまい、東京においてはまったく遊び相手がいない状況だったのです。

食事の方も宅配サービスで済ませていたので、本当にまったく外に出ない生活が続いたのです。
それが続いたときに驚いたことが「性欲が無くなっていく」ということです。
女性のフェロモンを感じない生活を送っていると、性欲も減退していくのだと思います。
オナニーの方もまったくしなくなり、もはや私の心に性的なことは浮かばなくなっていきました。

しかしある日、どうしても大学の方に行かなければならない用事ができました。
久しぶりに外に出て若い女性たちに接近したわけですが、赤信号が灯り始めました。
というのも、無くなっていたはずの性欲が急激に湧き出て、「誰とでもいいからヤりたい」というような感情が衝動的に爆発的に出てきたのです。

私はすぐに構内の人の少ないトイレに駆け込みオナニーをしました。
以前は1発出せば収まっていた性欲ですが、そのときはまったく収まりませんでした。
用事をすぐに済ませ家に帰ると、私は出会い出会い系アプリを利用していました。

それまでは「出会い系アプリは利用すべきではない」と考えていた私ですが、理性を失った私はそんな思考を放棄してしまったのです。
とにかくすぐにセックスしてくれる女性を探し、見事にその日の夜に会ってくれる女性を見つけたのです。

そのとき上京して初めて「良かった」と思いました。
地方でしたら、出会い系アプリを使ってもこんなにすぐに相手を見つけられなかったでしょう。
相手の女性は体だけの関係、すなわちセフレの関係を求めていました。
もちろん、セフレの関係は私も大歓迎です。
ヤれさえすればもう何でも良かったのです。

そして私は彼女を抱いたわけですが、情けないことにすぐにイってしまいました。
女性を生で見る機会すらろくに無かったわけですから、敏感さが増していたようです。
その後もすぐにイってしまうことを繰り返したのですが、ペニスの方はいつまで経っても元気でした。

社会人になった現在でも、彼女とはセフレの関係は続けています。
女性慣れしてしまったこともあり、ペニスの方はあのときのセックスよりも元気が無くなってしまっているのですが、それでも彼女は楽しんでくれているようです。
【20代|男|IT関連】

既婚者がセックスしたいと思ってアダルト出会い系で不倫相手を作る

既婚者がセックスしたいと思って不倫相手を作る

私は結婚して10年になる。妻も子供も責任を持って扶養しているし愛している。
しかし妻とのセックスは正直言って飽きてしまった。
妻もそう思っているかもしれないが、言葉にも態度にも出してこない。
セックスレスではないが、もっと刺激がほしいのだ。
不倫をしたいわけではなく、ただ、妻ではない女性とセックスがしたい。
そう思うのは私だけなのだろうか。
ふと問いかけてみたくなり出会い系のサイトに書きこんでみた。
セックスという言葉に嫌悪感を抱く女性も多いと思い、ソフトな表現をしてみたが、誰からもメールがこない。
そんなものかもしれないと思っていた頃、一通のメールが届いた。
私と同じような気持ちでいるという女性からで、私は会って話したいと返事をした。
メール送信後に先走りすぎたかと思っていると、すぐに返事がきた。
何度かやりとりをして、お互いの都合のいい日に会う事になった。

車の中で待っていると、赤い車が近づいてきた。
車からおりてきた女性はブラウスにスカートでおとなしそうな雰囲気だった。
私も車から降りて助手席を開け挨拶する。
ショートカットの下の瞳が大きくて近くで見ると可愛い感じだった。
彼女も刺激のあるセックスをしたいと考えるのだ、と思うと不思議な気持ちがした。

通りかかったファミレスで食事をして、ホテルに向かった。
ホテルでの彼女は可愛い顔立ちに似合わず積極的で、
フェラチオも進んでするような大胆さを持ち合わせていた。
私も妻とした事のない騎乗位を試したり、シックスナインをして満足できた。
彼女と週に1度の割合で色々なセックスを楽しんでいる。
不倫という感覚ではない。セフレという軽い関係なのだ。
40代 男性 会社員

 

アダルト出会い系で清楚系腐女子と体の関係

アダルト出会い系で清楚系腐女子と体の関係

アダルト出会い系でサクラっぽい相手を見極めては避け見極めては避け、我ながら気の長い話ですが(一般的にはどうかわかりませんが)ようやくオフに踏み切ったのは1ヶ月後でした。

相手のスペックは女子大生、160cm45kg、清楚系とのこと。

重い腰を上げたものの、すっぽかされるの覚悟で待ち合わせ場所に行きました。

某駅ナカの銅像付近、いつも人で溢れているそこに自分が立っていることで「周りの人間も、はたして誰がいかがわしい行為のための待ち合わせか、わかったもんじゃないぞ」なんて妙にそわそわしてました。

約束の時間を数分すぎたころ(どこかから観察していたんでしょうね)その女の子-Aちゃんとします-は現れました。

○○さんですよね、と控えめに訪ねてきた声が可愛らしかったのを覚えています。

ああ、はいはい!そうです!と怖がらせないようにとやたら笑顔でぺこぺこしつつAちゃんの容姿を観察しました。

身長は160くらいか、45kg…にしてはふっくらしているようにも見えました。

しかしパっと目を引かれるほど胸が大きくぜんぜん許容範囲。

清楚系の定義はよくわかりませんが、ほんの少し茶色味のある黒髪ストレートヘア(よくいるアイドルみたいな)で、なんだかカーテンを巻きつけたようなフリフリのブラウスやスカート。

清楚というよりはお人形のような印象でした。

後から聞けばアクシーズファムだとかブルーローグだとか。

清楚な腐女子女子の御用達ブランドだとか話していました。

ファッション好きなAちゃんにはデートのつどそういうブランドの服をプレゼントしています。

意外にもカジュアルブランドらしくそこまで出費はかさまず、有り難いかぎり。

自分としてもいつも可愛らしい格好の女の子とデートできて体の関係までとなればお腹いっぱいですし。

それに案外Aちゃんも遊び慣れしてるわけでもなく、自分と同じく思いきって行動したすえの出会いと思えば嬉しい事です。

なぜ遊び慣れしてないと思うのかといえば体毛の処理が甘いことと、愛用ブランドのバッグにアニメキャラクターのバッヂがついていることでしょうか。
【30代|男|自営】