30代独身男が出会い系アプリで20代の若い女性2人とセフレの関係

30代独身男が出会い系アプリで20代の若い女性2人とセフレの関係

私は37歳独身です。

若い子が好きなことからキャバクラだとか良くいきますが結局は上手くいかないことから出会い系アプリを利用しています。

出会い系アプリを利用する目的はセックスを前提とした友達作りで、セフレを求める子が多いことから毎日出会い系アプリで奮闘しています。

私は若い子が好きなので20代前半を基準として探しているんですが、これがまたその年代にしたら逆に年上男性って結構好印象なことから楽しく出会い系アプリを利用しています。

今ではセフレ関係で付き合っている女性は3人で21歳が2人と24歳が1人。

共に若さや元気さもあればセックスにおいても興味津々だし楽しむように乱れる感じが私からしたらとてつもなく溜まらないものになっています。

新しいプレイを教えるにしても楽しいし、彼女達が経験してきたことを感じるのもまた楽しいので若いエキスを毎回堪能しています。

セフレという付き合いにしても若い子と遊んでいることから話題に関しても勉強になるのでキャバクラなんかでも割と楽しく会話が出来ていたりです。

とはいえキャバクラでは楽しい人で終わってしまうのでやっぱり出会い系アプリを通じて出会いを求めて楽しんでいます。

今のところ知りあった女性達は彼氏もいない感じなのでこの関係がいつまで続くのかっていう不安はありますが今を思いっきり楽しく過ごしています。

21歳の子とはなんと次回友達を連れて3人で遊ぶことになっていて3Pが期待できることから気持ちはだいぶ高まっています。

ノリは良い子らしいんだけど確約したわけではないのでとりあえずは遊んでみて楽しませてあげないとなって気持ちでいます。

こんな生活が送れていられるのも出会い系アプリのおかげになるので出会い系アプリには本当に感謝しています。

要望は人それぞれとしても女性の友達を作りたいなら出会い系アプリは本当にお勧めです。
男性、会社員、37歳独身。

セックスしたいと思って出会い系アプリで24歳OLとHしまくり

セックスしたいと思って出会い系アプリで24歳OLとHしまくり

1人で過ごすことにも慣れてきたと思ったらやっぱり人肌恋しくなって来ました。
そこで思いつくのは、出会い系アプリとなります。

過去に何度も利用したことがあったので、出会い系アプリ自体に抵抗は無かったのですが、だんだん面倒くさくなって止めていました。

今回は1回ヤって終わりの相手ではなく、定期的に会えるというかいつでもヤラしてくれるセフレというか、セフレを探すことにしました。

結果から言うとやっぱり普通のセフレを見つけて、その子と仲良くなり定期的に会ってもらうしかないということです。

それで、まず24歳のOLの子と会う約束をしてSEXをしました。
この子とセフレの関係になるために実に丁寧なSEXをしました。

その結果次の約束を取り付けることにも成功して、今ではお互いにヤりたくなったらメールするセフレ以上恋人未満の関係です。

つい最近も部屋でテレビを見ながら1人で飲んでると、ムラムラが収まらなくなり彼女にメールしました。
「1人で飲んでるんだけど家こない?」今ではホテルではなく部屋でSEXしてます。

彼女はすぐにやって来ました。
気を使ってビールを数本買ってきてくれたのですが、冷蔵庫に入れるまもなく私は彼女にフェラしてと言いました。

上着も脱がずに彼女は私のアレにしゃぶりつきました。
私は仁王立ちのまま大満足でしたが、このまま彼女の口の中にイクと怒られます。

アレを咥えたまま前後に激しく頭を動かす彼女の服を一枚一枚脱がして行って、両手で乳首を軽く弄ってやるとうっとりと私を見上げてきます。

彼女の口からアレを抜かずに69に移行します。
お互いの性器を舐め合い十分に準備完了すると、私はアレで激しく彼女を突き上げます。
前から後ろからあれやこれやと体位を楽しんで私はイキました。
彼女も貪欲に快楽を貪ったようで潰れたカエルのように床に転がっていました。

セフレとは結局SEXだけを楽しむ恋人のとこ、こんな子を見つけ出すのは出会い系アプリを利用するのが1番だと思います。

人妻ですがおじさんと出会い系アプリで募集して不倫関係

人妻ですがおじさんと出会い系アプリで募集して不倫関係

3つ年下のサークルの後輩と卒業後に結婚して2年が経った頃でした。
夫の仕事が忙しくなり、私は休日もいつもひとりで家にいました。
人恋しくなっていわゆる出会い系アプリというものを覗いてみたのは、最初はただの好奇心だったんです。
ところがアプリを通じて関係を持っていく人たちのことを妄想するうちに、自分も誰かと出会いたいと思ってしまいました。

年下の夫に不満はありませんでしたが、自分のすべてを預けて甘えるようなことができなかったため、私がアプリにアップしたプロフィールを見て声をかけてくれた男性のうち、10歳年上の方と会ってみることにしたんです。

小汚いおじさんだったら嫌だな、なんて思っていましたが、やってきたのはとても紳士的でダンディなおじさま。
その時点でもう止められなくなっていたのかもしれません。

お店でも街を歩くだけでも、あんなに素敵にエスコートされたのは初めてでした。
食事の後にホテルの鍵を渡されて、部屋をとってあるから、なんて言われたりして、どこのドラマの世界なのかと!思わずついて行ってしまったのも仕方がない。
あとから思い返してみてもそう思いました。

ベッドの上でも彼はとても紳士で、それなのに私はいつのまにかあられもない姿で彼を求めて脚を開いていました。
彼の唇と手が触れるところすべてに電気が走ったように感じてしまったんです。
夫にはしたことがないようなことまで、彼になら奉仕することができました。
きっともう前の私には戻ることができないと思います。
20代 女性 主婦

 

会うとHする関係の大人の恋愛はアプリで募集して始まった

会うとHする関係の大人の恋愛はアプリで募集して始まった

セフレとはアプリで知り合って、ベッドを共にする関係になった。お互い連絡先と名前ぐらいしか知らなくて初めて寝てからは
会うたびに、Hしてる。セフレも俺と会うときはHするときと思っているようで、大人の恋愛という感じ。

会うのはいつも夕方で食事をしてホテルに行くというのが何時ものパターン。今日は洋風のお店でワインを飲んだ。大人の恋には
ワインが似合うのだ。

アプリを使うのは初めてでドキドキしたが、案外スムーズに事が運んで前からアプリに興味があったが、思い切って利用して
良かった。それまで暫く彼女がいない時期が長くて、寂しい思いがしたがこうしてセフレと知り合って大人の恋を楽しむ
事が出来て満足だ。

セフレは食事をしてる時から何かにこにこと嬉しそうだ。ワインをついであげながら何がそんなに嬉しいのかと聞くと
もうすぐあなた誕生日でしょう?今日は朝までいてあげようかと言う。

何時も家に帰らなくちゃいけないと言ってお泊りがなくて、それが唯一セフレとの関係で物足りなかった。
大人の恋にはお泊りがあってもいい。

その夜は素晴らしい夜だった。セフレは会うたびに恥じらいの中にも淫らになって、今日はもっともっと
と声を上げた。セフレの囁きに自然気持ちが昂る。左の足を肩に持ち上げて奥まで、深く入れて
思い切り続けざまに突く。体を反転させて後ろから攻めた。す、凄い。感に堪えかねたようにセフレが呟く。
イキそうだと叫ぶと中に出して、中に、とセフレが叫ぶ。思い切り中だしした。

お互い小さな眠りを経て、その日の大人の恋は後ろから前から朝までH三昧だった。
【30代|男性|会社員】

大学生生活の空いた時間で出会い系アプリでセックスしてくれる女性を探し

大学生生活の空いた時間で出会い系アプリでセックスしてくれる女性を探し

大学の単位も十分取れ、就職活動もうまく内定が取れ、私は残りの大学生活をひたすら引き篭もることに専念していました。
というのも、大学入学で上京した私は友達作りに失敗してしまい、東京においてはまったく遊び相手がいない状況だったのです。

食事の方も宅配サービスで済ませていたので、本当にまったく外に出ない生活が続いたのです。
それが続いたときに驚いたことが「性欲が無くなっていく」ということです。
女性のフェロモンを感じない生活を送っていると、性欲も減退していくのだと思います。
オナニーの方もまったくしなくなり、もはや私の心に性的なことは浮かばなくなっていきました。

しかしある日、どうしても大学の方に行かなければならない用事ができました。
久しぶりに外に出て若い女性たちに接近したわけですが、赤信号が灯り始めました。
というのも、無くなっていたはずの性欲が急激に湧き出て、「誰とでもいいからヤりたい」というような感情が衝動的に爆発的に出てきたのです。

私はすぐに構内の人の少ないトイレに駆け込みオナニーをしました。
以前は1発出せば収まっていた性欲ですが、そのときはまったく収まりませんでした。
用事をすぐに済ませ家に帰ると、私は出会い出会い系アプリを利用していました。

それまでは「出会い系アプリは利用すべきではない」と考えていた私ですが、理性を失った私はそんな思考を放棄してしまったのです。
とにかくすぐにセックスしてくれる女性を探し、見事にその日の夜に会ってくれる女性を見つけたのです。

そのとき上京して初めて「良かった」と思いました。
地方でしたら、出会い系アプリを使ってもこんなにすぐに相手を見つけられなかったでしょう。
相手の女性は体だけの関係、すなわちセフレの関係を求めていました。
もちろん、セフレの関係は私も大歓迎です。
ヤれさえすればもう何でも良かったのです。

そして私は彼女を抱いたわけですが、情けないことにすぐにイってしまいました。
女性を生で見る機会すらろくに無かったわけですから、敏感さが増していたようです。
その後もすぐにイってしまうことを繰り返したのですが、ペニスの方はいつまで経っても元気でした。

社会人になった現在でも、彼女とはセフレの関係は続けています。
女性慣れしてしまったこともあり、ペニスの方はあのときのセックスよりも元気が無くなってしまっているのですが、それでも彼女は楽しんでくれているようです。
【20代|男|IT関連】

恋活サイトでまじめでエロいセフレ探し

恋活サイトでまじめでエロいセフレ探し

これまで、わたしは遊び相手探すのに普通に出会い系サイトを使っていたのですが、最近はすっかり恋活サイトを使うようになりました。

その理由は、恋活サイトのほうがまじめな感じの普通っぽい女の子に会える確率が高い気がしているからです。

もちろん、出会い系サイトでも可愛い普通の女の子もたくさんいます。
でも、やはり遊んでいる風の女の子が多いのではないかと感じていました。

しかし、その点恋活サイトは本当に恋愛とか結婚相手とかを探しているまじめな女性が多いといったイメージでしょうか。

まあ、もちろんわたしもいい子がいれば本命彼女にしたり結婚を考えていいというスタンスで望んではいます。

でも、いまのところはもう少し遊びたいので、申し訳ないのですが恋活サイトで出会った女性とは多くても2回エッチをしたらサヨナラさせてもらっています。

あまり、深入りしてややこしくなる前に分かれている感じでしょうか。

わたしは、とりあえず初めての女性とエッチがしたい性分なんで、あとのことはあまり考えずに、やりたい放題すきなことをやらせてもらいます。

即しゃく、生で即はめ、さすがに中だしはしませんけど、口に出させてもらってからのお掃除フェラしてもらって、シャワーしてからのすぐに2回戦。

そこからは、さらにハードに攻めていきます。

そういうセックスですから、あまりもう一回会いたいと言われることはないですし、それでも会いたいと言われれば、次はおもちゃ、いっぱい持っていって死ぬほどいかせて楽しませてもらいます。

それでも、まだ会いたいと言われたら、最終的には、いまいちエッチが合わないと言えばだいたい納得してなにも言ってこないですね。

という具合に恋活サイトでのセフレ探しを楽しんでいます。
20代 男性 会社員

 

妻と別居して寂しいので出会い掲示板でセフレを作った

妻と別居して寂しいので出会い掲示板でセフレを作った

私は仕事のストレスを妻にぶつけてしまい、それが元で妻が別居をしてしまいました。

それ以来私は寂しい毎日を送る様になり。ある久々に耐えかねた私は、出会い系を使うようになったのです。

私は寂しい気持ちを紛らわしてもらおうと、出会い系のコメント欄に「寂しい僕とお話をしてください」と書き込んでみました。

そしてしばらくすると、出会い使サイトを通じて私に女性が声を掛けて来てくれました。

女性は私と会うと「何があったの?」と聞いてくれたので、私は堰を切ったように彼女にこれまでの事を吐露したのです。

それで彼女は私に同情などせず、しっかりと叱ってくれました。

私はそれで心にパンチを食らったような気がして、自分が如何にこれまで甘えていたかという事が分かったのです。

彼女の忌憚ない励ましによって、私の寂しさはどこかへ吹き飛んだのです。

そんな私の寂しさを吹き飛ばしてくれた彼女の事が、私は好きになってしまいました。

これ以降私はしばしば会うようになり、交流を深めて行ったのです。

私だけでなく彼女の方も私に好意を持ってくれるようになり、徐々にお互いを意識するようになりました。

そしてついにそれが極まり、私たちは男と女の関係となったのです。

私は妻がおらず性欲が溜まりに溜まっていたので、彼女の体を激しく求めました。

彼女はそんな私の事を嫌がらず、優しく受け止めてくれました。

私はこうして彼女と、セフレ関係となったのです。

彼女の一喝に因り、私は妻に素直に謝り、別居していた妻が戻って来てくれました。

しかし妻が戻って来てくれたものの、私はセフレである彼女への思いが断ち切れず別れる事が出来ません。

セフレがいたままでは、また妻といざこざになりかねませんから、別れなければいけないと頭では思っているのですが、どうしても後ろ髪を引かれて別れる事が出来ずにいるのです。
「30代:男性:会社員」

既婚者がセックスしたいと思ってアダルト出会い系で不倫相手を作る

既婚者がセックスしたいと思って不倫相手を作る

私は結婚して10年になる。妻も子供も責任を持って扶養しているし愛している。
しかし妻とのセックスは正直言って飽きてしまった。
妻もそう思っているかもしれないが、言葉にも態度にも出してこない。
セックスレスではないが、もっと刺激がほしいのだ。
不倫をしたいわけではなく、ただ、妻ではない女性とセックスがしたい。
そう思うのは私だけなのだろうか。
ふと問いかけてみたくなり出会い系のサイトに書きこんでみた。
セックスという言葉に嫌悪感を抱く女性も多いと思い、ソフトな表現をしてみたが、誰からもメールがこない。
そんなものかもしれないと思っていた頃、一通のメールが届いた。
私と同じような気持ちでいるという女性からで、私は会って話したいと返事をした。
メール送信後に先走りすぎたかと思っていると、すぐに返事がきた。
何度かやりとりをして、お互いの都合のいい日に会う事になった。

車の中で待っていると、赤い車が近づいてきた。
車からおりてきた女性はブラウスにスカートでおとなしそうな雰囲気だった。
私も車から降りて助手席を開け挨拶する。
ショートカットの下の瞳が大きくて近くで見ると可愛い感じだった。
彼女も刺激のあるセックスをしたいと考えるのだ、と思うと不思議な気持ちがした。

通りかかったファミレスで食事をして、ホテルに向かった。
ホテルでの彼女は可愛い顔立ちに似合わず積極的で、
フェラチオも進んでするような大胆さを持ち合わせていた。
私も妻とした事のない騎乗位を試したり、シックスナインをして満足できた。
彼女と週に1度の割合で色々なセックスを楽しんでいる。
不倫という感覚ではない。セフレという軽い関係なのだ。
40代 男性 会社員

 

アダルト出会い系で清楚系腐女子と体の関係

アダルト出会い系で清楚系腐女子と体の関係

アダルト出会い系でサクラっぽい相手を見極めては避け見極めては避け、我ながら気の長い話ですが(一般的にはどうかわかりませんが)ようやくオフに踏み切ったのは1ヶ月後でした。

相手のスペックは女子大生、160cm45kg、清楚系とのこと。

重い腰を上げたものの、すっぽかされるの覚悟で待ち合わせ場所に行きました。

某駅ナカの銅像付近、いつも人で溢れているそこに自分が立っていることで「周りの人間も、はたして誰がいかがわしい行為のための待ち合わせか、わかったもんじゃないぞ」なんて妙にそわそわしてました。

約束の時間を数分すぎたころ(どこかから観察していたんでしょうね)その女の子-Aちゃんとします-は現れました。

○○さんですよね、と控えめに訪ねてきた声が可愛らしかったのを覚えています。

ああ、はいはい!そうです!と怖がらせないようにとやたら笑顔でぺこぺこしつつAちゃんの容姿を観察しました。

身長は160くらいか、45kg…にしてはふっくらしているようにも見えました。

しかしパっと目を引かれるほど胸が大きくぜんぜん許容範囲。

清楚系の定義はよくわかりませんが、ほんの少し茶色味のある黒髪ストレートヘア(よくいるアイドルみたいな)で、なんだかカーテンを巻きつけたようなフリフリのブラウスやスカート。

清楚というよりはお人形のような印象でした。

後から聞けばアクシーズファムだとかブルーローグだとか。

清楚な腐女子女子の御用達ブランドだとか話していました。

ファッション好きなAちゃんにはデートのつどそういうブランドの服をプレゼントしています。

意外にもカジュアルブランドらしくそこまで出費はかさまず、有り難いかぎり。

自分としてもいつも可愛らしい格好の女の子とデートできて体の関係までとなればお腹いっぱいですし。

それに案外Aちゃんも遊び慣れしてるわけでもなく、自分と同じく思いきって行動したすえの出会いと思えば嬉しい事です。

なぜ遊び慣れしてないと思うのかといえば体毛の処理が甘いことと、愛用ブランドのバッグにアニメキャラクターのバッヂがついていることでしょうか。
【30代|男|自営】

アダルト出会い系アプリで知り合ったセックス大好き巨乳女子

アダルト出会い系アプリで知り合ったセックス大好き巨乳女子

 

アダルト出会い系アプリで知り合った一つ上の女性とセフレの関係が続いてます。

当時はそんな気持ちもなく友達の関係で仲良くしていました。
ある時、ふとしたきっかけで会うことになりました。
私は普通に飲みを楽しんで帰宅する際にその一つ上の女性を送ることになりました。

タクシーの中では酔っているのか、彼女はすごくイチャイチャしてきて突然何を言うのかと思えばホテルへ行こうと誘われました。
巨乳で見た目はセクシー系だったことから私は彼女の言う通りにホテルへ行きました。
ホテル代は先輩が払ってくれて私は良い思い出になるなって感じていました。
ホテルの部屋に入るとすぐにくっついてきてセックスが始まりました。

思っていたよりもナイスバディで私は興奮する気持ちそのままに彼女とセックスを楽しみました。
大好きなのかすごく迫ってこられて本当に良い経験になりましたが彼女も相性が良かったのか凄く満足していました。

それからお互いの関係がセフレになり、飲みに行けば帰りはホテルへ行く的な行動パターンになりました。
お互いに性癖全開で楽しんでいるのでストレス解消にもなります。

今も生活スタイルが変わって、頻繁に会うことはなくなりましたがお互いにムラムラした時は連絡取り合って楽しんでいます。

きっとこの関係はこの先もずっと続くんだなって感じています。
【30代 男性 社会人】